スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CFP資格認定試験結果発表!!

 まずは、6科目全てに合格されたみなさん、おめでとうございます
僕自身も前回の試験でようやく合格という結果を得ることができたので、
この試験の発表の時期になると、あの頃の気持に戻り、
改めて、FPとして自分が何ができるかなんて真面目なことを考えてしまいます

ところで、全科目合格者の日経新聞掲載はもうやめてしまったのかな
僕個人的には、FP認知度の向上と受験者のモチベーションという意味で
今後も続けてほしいなぁ、と思うんですけどね
スポンサーサイト

アマルフィ②

 余談ですが、「アマルフィ」は映画と原作の内容は多少異なりますよ~
原作読んでから映画を観に行っても、楽しめると思います

アマルフィ

 今週末、新宿で土曜に公開された、「アマルフィ」を観てきました
原作者の真保裕一さんは、「ホワイト・アウト」の単行本を読んで以来、ファンになったので、
今回の原作も一刻も早く読みたかったんですが、
「ホワイト・アウト」の時に、原作を先に読んでから映画を観にいってしまい、
どこか、物足りなさを感じてしまった経験から
今回は映画公開してすぐに観に行ってきましたよ

さて、映画の方ですが、程よくスリリングな展開であっと言う間に時間が過ぎました。
最近は、日本国内では洋画より邦画の方が人気があるようですが、
「アマルフィ」も洋画に引けを取らない、いや洋画を遥かに超える人気を得ることは間違いないでしょう

ちなみに、映画を観た後すぐに単行本も買い、早速読んじゃいました

MJ

マイケル・ジョーダンじゃないですよ~
マイケル・ジャクソンのことについて、僕の感じるがままに・・・
まず、僕は、ソロになってからのマイケルを知っている世代・・・
いわゆる、スリラーの頃ですね

あの映像は衝撃的でした

それまでのプロモーション・ビデオ(PV)といえば、ミュージシャンが曲に合わせて
歌っているだけ、というかんじ・・・
今では日本でも当たり前になっている、ストーリー性のあるPVの、
まさに先駆者といえると思います

余談ですが、「ビート・イット」のギターが、あのヴァン・ヘイレンの
エディ・ヴァン・ヘイレンとは
彼のギターを聞いて、ギターを始めたという人は、僕の周りには数知れず・・・
僕もそのうちの一人ですが

他にも、ポール・マッカトニーとデュエットしたりと、
幅広いアーチストとの交遊があったということは
彼の人柄はもちろん、才能や目指すべきところに共感したからこそだと思います

改めて、ご冥福をお祈りいたします。

伝説の男

 さて、ご承知のとおり、ウィンブルドンはロジャー・フェデラーの優勝で幕を閉じました
これで、グランドスラムの優勝回数が15回となり、歴代最多
まさに、現役のうちに伝説となったと言えるでしょう
去年の全仏でナダルに完敗し、「自分の庭」のウィンブルドンでもナダルに敗れ、
その後、世界ランキング1位の座をそのナダルに譲り、
フェデラーの時代は終わったのではという声もありました
しかし、今年悲願の全仏を制覇し、生涯グランドスラムを達成
今後は、フェデラー、ナダルの2強に他の選手が挑むという図式になるのではと思います。ー

それにしても、フェデラーと決勝を戦ったロディックは生涯最高のテニスをしたと思います
今までの彼は、最速240キロを超えるサーブは素晴らしいものの、
試合の組み立て方が単調で、サーブをうまく合わせられると途端に自滅していく
というイメージでした
しかし、今回の決勝の彼は、サーブのスピードにはこだわらず、プレースメント重視。
ラリーでもフェデラーと互角に打ち合っていました

あとは、今回のテニスを今後も高いレベルで維持していけるか
これにかかっていると思います。
次のグランドスラムの全米はロディックの地元ですしね



生きる伝説!!

 昨日(というか、今日)はウィンブルドン観戦のため、睡眠時間2時間
観戦後記は明日以降ということで・・・

では、おやすみなさい

本物の強さ

 ウィンブルドンも二週目に入り、昨日で女子が、男子も今日ベスト4が出そろいます

女子は第1~4シードの選手がベスト4進出と順当な勝ち上がりをみせています
男子は上位シードの選手が何人か敗退しましたが、絶対的な優勝候補の
フェデラーは順調に勝ち上がっていまして、現在行われている準々決勝も2セット連取
地元イギリス期待の第3シードのマレーとの決勝の実現はマレー次第

こういうレベルの高い試合を見るたびに思うのですが、このような大きな大会に出てくる
選手は当たり前ですが、皆「うまい」
ただ、勝ち上がっている選手は、「強い」
では、「うまい」と「強い」何が違うのかといいますと、大事なポイントを取れるか取れないか
の違いだと思います
どんなに凄いサーブやショットを持っていても、大事なところでミスをする選手
こういう選手は、やっぱり勝ち上がれないですね

あっ、フェデラーが第3セットも取って、ベスト4進出
本当に彼は大事なポイントは逃さないですね

プロフィール

AIR KK

Author:AIR KK
CFP(R)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
道産子で、スポーツLOVEの
FPがライフプランについて
熱く語ります

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

リンク
検索フォーム
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。