スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国為替業務

 僕は現在、金融機関の本部で外国為替業務をしています。
おっ、ということは英語ペラペラのバイリンガルかい、
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、留学経験ゼロで
僕の共通語は、日本語です^^
さて、外国為替って?というみなさんに、その中身を簡単に説明します。
 まず第一に、外貨両替。
US$,EURO,STG£,A$,CAN$の取扱いが主です。
この通貨には、CASH(現金)、T/C(トラベラーズ・チェック)があります。
外貨を購入するには、金融機関の窓口や両替センター、
大黒屋などの格安チケット店でも可能です。
ただし、外貨の売買に際しては、手数料が掛かります。
当日相場が公表されるのが大体10時前後。
CASHの場合だと、当日相場の仲値に1円が、
T/Cの場合だと、当日相場の仲値に3円が
(T/Cを購入の際には、1%別途手数料がかかります)
それぞれ手数料として加算、減算されます。

例)①当日相場が100円、1,000USドルのCASHを購入の場合
・当日相場100円+3円=103円(CASH購入レート)
・103円×1,000USドル=103,000円(CASH購入時に必要な金額)

例)②当日相場が100円、1,000USドルのT/Cを購入の場合
・当日相場100円+1円=101円(T/C購入レート)
・101円×1,000USドル+=101,000円
・101,000円+101,000円×1%=102,010円
つまり、CASHを購入した場合、購入者の手数料負担は3,000円となるわけです。
さらに、T/Cを購入した場合、購入者の手数料負担は2,010円になります。
ということは、CASHを購入するよりもT/Cを購入したほうが
購入する側にとっては、負担が安く済むわけです。
実際海外ではT/Cのほうが一般的に流通しています。
盗難、紛失等の危険性を考えても、T/Cを購入することをお勧めします。
よく、チップのためにとCASHを購入する方が多いですが、
まぁ、言ううなればほんの気持ちなわけですから、少額のCASHがあれば充分です。

次回は、仕向送金について。



スポンサーサイト
プロフィール

AIR KK

Author:AIR KK
CFP(R)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
道産子で、スポーツLOVEの
FPがライフプランについて
熱く語ります

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

リンク
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。